• lacasavecchiawaji

カブカンランやカブタマナ

コールラビの名前の由来はドイツ語の"キャベツ”+"カブ"で、キャベツのカブという意味のようです。

日本名はいくつか呼び方はありますが、カブカンラン(蕪甘藍)やカブタマナ(蕪玉菜)と言います。

味は正にキャベツとカブを足した感じに近く、触感はブロッコリーの芯の部分に近いと思います。

メインの椚座牛コントルノに糠のマリネとして使用中。

写真は多田 多喜美さんのコールラビ

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お知らせ

緊急事態宣言の発令に伴い変更点が二つあります。 本日から5月11日まで 終日酒類の提供を中止いたします。 ディナーは17時スタート20時クローズとさせて頂きます。 緊急事態宣言が延長された場合、追ってご連絡いたします。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

LA CASA VECCHIA

CUCINA TERRITORIO
dal 2013