• lacasavecchiawaji

かれい

【節気の魚介 かれい】

目が片方に寄ってしまっているのは、普段水深30~40cmの海底の砂地に潜り込んで、

目だけを出してエサの小魚通るのを待ち構えているという、長い間の習性によるもの。

今節気、小暑のコースではパスタで使っています。

写真は仮屋漁港のかれい

左が水ガレイで右が目板ガレイ

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

LA CASA VECCHIA

CUCINA TERRITORIO
dal 2013

Copyright(c) LA CASA VECCHIA. All rights reserved

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon