• lacasavecchiawaji

こだわりに報いるには

今、淡路島では苺真っ盛りです。

一緒にブドウを育てている長畠高原苺園の森さん、

山田屋農園の山田くんのところも贈答やイベント、日々の作業で大忙しみたいです。

いつも野菜を買っている産直のフローラルでも苺が出てますね~。

そんな中、当店が使っている苺は、野島常盤にあるカントリーガーデンの紅ほっぺです。

10年来の友人がこだわって育てています。

先日、「雨水」コースが始まる前に今年はどんな感じか見学に行ってきました。

ハウスの扉を開けると、中に充満している苺の香りが鼻に飛び込んできました。

本当、苺って可愛い香りです。

今年の出来について友人から説明を受けます。

どうやったらもっと美味しくなるかを追求している為、毎年同じことの繰り返しではなく、

少しづつやり方を変えています。

見る人が見たら分るかな?

新しい試みだそうです。

常識を覆せ!

一緒に連れて行った息子も大興奮でした。

当店パティシエ。選ぶのも真剣。

こだわり抜いて作られたものに報いる方法はただ一つ。

そのこだわりと同じ、もしくはそれ以上のこだわりを持って食材と向き合う事だけです。

今節気「雨水」ではデザートでお出ししております。

是非、お試しください。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

見頃

LA CASA VECCHIA

CUCINA TERRITORIO
dal 2013