top of page
  • 執筆者の写真lacasavecchiawaji

春分の器

この器は使えば使うほど好きになっていきます。大前さんが焼いてくれた柿の蔕や蓮弁皿は一目見た瞬間に恋に落ちました。でもこの無地唐津は最初は控えめな印象でしたが、使い込んでいくうちに印象が変わりました。素朴で華やかさはありませんが、凛としていて品があります。自分自身こう在りたいと思わせてくれる器です。

石本さんのケールの菜の花とパープルスプラウティングを使った前菜と共にお楽しみ頂けます。

二十四節器「春分」

鬼ヶ島無地唐津向付





閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

我慢

Comments


LA CASA VECCHIA

CUCINA TERRITORIO
dal 2013
bottom of page