Nijuushisekki (二十四節気とは)

日本には、春夏秋冬の四季だけではなく、

二十四の節気という季節があり、

旧暦をもとに暮らしていた時代には、

人はそうした季節の移ろいを

こまやかに感じとって生活していました。

 

旬のものをいただき、

季節それぞれの風物詩を楽しみ、

折々の祭や行事に願いを込めてきました。

 

自然の流れによりそう旧暦のある暮らしは、

今の時代にも大切なもの、

人の身も心も豊かにしてくれるものに満ちています。

 

           (日本の七十二候を楽しむ  ―旧暦のある暮らし―)

 

当店の料理を通して、

淡路島の「今」をお届けできたら幸いです。

立春

立春

立春とは、初めて春の兆しが現れてくるころのこと。この季節から数えて最初に吹く南寄りの強い風が春一番です。

雨水

雨水

雨水とは、降る雪が雨へと変わり、氷が溶けだすころのこと。 昔からこの季節は農耕の準備をはじめる目安とされてきました。

啓蟄

啓蟄

啓蟄とは、陽気に誘われ、土の中の虫が動き出すころのこと。 一雨ごとに春になる、そんな季節の気配を感じながら。

春分

春分

春分とは太陽が真東から昇り真西に沈む日のこと。昼と夜が同じ長さになる春分の時期を二十四節気の大きな節目のひとつとします。

清明

清明

清明とは、すべてのものが清らかで生き生きとするころのこと。若葉が萌え、花が咲き、鳥が歌い舞う、生命が輝く季節の到来です。

穀雨

穀雨

穀雨とは、たくさんの穀物をうるおす春の雨が降るころのこと。この季節の終わりには夏のはじまりを告げる八十八夜が訪れます。

立夏

立夏

立夏とは、しだいに夏めいてくるころのこと。あおあおとした緑、さわやかな風、気持ちいい五月晴れの季節です。

小満

小満

小満とは、いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。草木も花々も、鳥も虫も獣も人も、日を浴びてかがやく季節です。

芒種

芒種

芒種とは、稲や麦など穂の出る植物の種を蒔くころのこと。稲の穂先にある針のような突起を、芒(のぎ)といいます。

夏至

夏至

夏至とは、一年でもっとも日が長く、夜が短いころのこと。これから夏の盛りへと、暑さが日に日に増していきます。

小暑

小暑

小暑とは、梅雨が明けて本格的に夏になるころのこと。この小暑から立秋になるまでが、暑中見舞いの時期です。

大暑

大暑

大暑とは、もっとも暑い真夏の ころのこと。土用のうなぎ、風 鈴、花火と、風物詩が目白押し。

立秋

立秋

立秋とは、初めて秋の気配が ほの見えるころのこと。暑い 盛りですが、これ以降は夏の 名残りの残暑といいます。

処暑

処暑

処暑とは、暑さが少しやわらぐころのこと。朝の風や夜の虫の声に、秋の気配が漂い出します。

白露

白露

白露とは、大気が冷えてきて露を結ぶころのこと。ようやく残暑が引いていき、本格的に秋が訪れてきます。

秋分

秋分

秋分とは、春分と同じく昼夜の長さが同じになる日のこと。これからしだいに日が短くなり、秋が深まっていきます。

寒露

寒露

寒露とは露がつめたく感じら れてくるころのこと。空気が 澄み、夜空にさえざえと月が 明るむ季節です。

霜降

霜降

霜降とは、朝夕にぐっと冷え込み、霜が降りるころのこと。初めは山のほうで、十二月に入ると平野にも霜がやってきます。

立冬

立冬

立冬とは、冬の気配が山にも里にも感じられてくるころのこと。木々の葉が落ち、冷たい風が吹き、冬枯れのようすが目立ってきます。

冬至

冬至

冬至とは、一年でもっとも昼が短く、夜が長いころのこと。これから日が伸びていくので、古代には冬至が一年のはじまりでした。

小雪

小雪

小雪とは、そろそろ雪が降りはじめるころのこと。とはいえ雪はまだ さほど大きくなく、寒さもそこまでではありません。

大雪

大雪

大雪とは、いよいよ本格的に雪 が降り出すころのこと。降雪 地方では、雪の重みで気が折 れないように雪吊りをします。

小寒

小寒

小寒とは、寒さが極まるやや手前のころのこと。寒の入りを迎え、立春になる寒の明けまでの約一か月が寒の内です。

大寒

大寒

大寒とは、一年でもっとも寒さが厳しいころのこと。日がしだいに長くなり、春へ向かう時期でもあります。

LA CASA VECCHIA

CUCINA TERRITORIO
dal 2013